包茎の種類カテゴリの記事一覧

包茎の種類

包茎とは亀頭部に包皮がかぶっている状態をさします。

■仮性包茎
勃起時や平常時は包皮が亀頭を覆っていますが、手でむくと亀頭を簡単に露出させることができます。
勃起すると亀頭が自然に露出する包茎や、勃起してもほとんど皮を被ったままの包茎などいろいろあります。
亀頭が包皮に覆われていて不衛生になりやすくなるため、病気を引き起こす原因となる場合があります。

■カントン包茎
無理をすれば亀頭を露出させることができますが、包皮口が狭いので亀頭のくびれ(カリ首)が締め付けられて、最悪な場合包皮が戻らなくなり、腫れてしまうことがあります。

■真性包茎
平常時でも、包皮口が非常に狭いため、自分では亀頭を露出することができない状態です。
亀頭が常に覆われているため、自分では清潔に保てないため不衛生になり、病気を引き起こす原因となる場合があります。
また、亀頭が常に覆われているため、亀頭部分の発育が妨げられてしまいます。
勃起時などには亀頭が締め付けられ、痛みを伴うため、セックスが困難な場合もあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。