お手入れカテゴリの記事一覧

お手入れ

■清潔にしましょう
包茎とは亀頭部に包皮がかぶっている状態です。
このため、亀頭と包皮の間にゴミがたまり、不潔になることが健康上の問題です。
また、皮膚には油脂腺があり、白っぽく独特な臭いがする恥垢が分泌されますが、不潔のままですと、悪臭を放ったり、病気の原因になる場合もあります。

■お手入れ方法の例

●仮性包茎の場合
亀頭を露出させ、丁寧に汚れを洗い落としてください。

●カントン包茎、真性包茎の場合
包皮口を引っ張り、包皮の中にお湯を入れるようにし、その状態でペニスをふって汚れを落とすようにします。
包皮口を広げたり、閉じたりすると、ポンプのように、包皮の中にお湯が入ったり出たりしますので、その勢いを利用して汚れを洗い流します。
包皮口を片手で広げ、包皮の中にお湯を行き渡らせ、その状態で、亀頭の周りの包皮を引っ張ったり離したりを繰り返すと、包皮の中にお湯が入ったり出たりしますので、その勢いを利用して汚れを洗い流します。

湯船の中や洗面器にお湯をはってその中で綺麗に洗いましょう。
シャワーですと、汚れなどを綺麗に洗い流すことはむずかしいです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。