包茎矯正と包茎矯正グッズカテゴリの記事一覧

包茎矯正と包茎矯正グッズ

清潔に保たれれば、問題はないと思いますが、コンプレックスなどで自信喪失になってしまっては、精神的にまいってしまいます。
また、真性包茎、カントン包茎の場合は、亀頭が露出してくると包皮口に締め付けられ、痛みが生じることがあったり、亀頭が完全に露出してしまい、戻らなくなるのが怖くなったりと問題もあります。
その不安を解消させるべく、包茎を矯正を考えてみましょう。
手術で矯正を行うのが最も確実な矯正方法だと思いますが、まずは自分で矯正する方法を考えてみましょう。
自分で矯正する場合は、時間を掛けてじっくり治すつもりで、また自分にあっていると判断した場合に、自己の責任において実行してください。
包皮口が狭いからむけないというのが一般的です。
包皮口を広げるイメージで、包皮を根元に引き寄せるようにして、包皮口をゆっくりと時間をかけ、広げてあげましょう。毎日続けて、時間をかけ、包皮口が広がってくれれば、仮性包茎となり、清潔に保つことが容易になります。
真性包茎を仮性包茎にするには毎日むく努力をすることです。真性包茎の場合、恥垢がたまっていたり、亀頭と包皮がくっついている場合もい多いので、少しづつ包皮をめくりその都度恥垢を落としていくようにします。
無理は禁物です。出来るだけ時間を掛け、出来れば毎日行うようにしましょう。

最後までむけた人は何度も何度もむいたり戻したりしましょう。
そうすることで包皮口が徐々に広がっていきます。
慣れてきたら、包皮をむいたままの状態に保つようにします。
包茎矯正グッズを使い包皮をむいたままの状態にすることも一つの手段です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。